成功する投資は、投資家としての成長に合わせて進めれば良し。

投資というのは、非常に魅力的な言葉です。今あるお金を何らかの対象に割り当て、それが割り当てた分よりも多くなって戻ってくるのが投資ということになります。対照的なものに貯金という概念があります。貯金は、今あるお金を、銀行等金融機関に預けて、わずかな利子も含めて、確実に増やしていくやり方です。前者は、必ず大きく増えるという保証はなく、場合によっては割り当てた現金が目減りする場合もあります。後者は、目減りするということはないので確実な推移が期待できるのが特徴です。 そのような投資の代表的なものとしては、まず投資信託があげられます。投資信託とは、一般の人たちから集めた資金を、様々な投資先に分散してプロが運用します。だから、投資についてよくわからない初心者でも安心して利用できます。その為、人任せ的なところがあるのは否めません。 その次に投資として知られているのが、不動産投資になります。不動産価格は物価によって変動するためインフレにも強いので、投資のビギナ-でも着手しやすいです。ただし、不動産投資の場合、物件の値上がり益か賃貸物件としての賃料で利益を上げることになります。 国債は、一言で言いますと国の借金になります。国がお金を借りる代わりに、債権を発行して利子をつけてくれます。国債には様々な種類があり、全ての国際を変えるものではありません。ただ、国債は非常に安定して運用できるので初心者にもおすすめです。投資の指標として、利率が使われますが、その利率は低いです。そのため、銀行に長期で預けているというような感じで考えるのが良いでしょう。 毛色の違ったものでは、FXということになるでしょう。FXでお金を増やしていくことが今注目を浴びています。FXとは外国為替証拠金取引のことで、2国間の通貨を売買することで、その売買の値幅が利益となる金融商品です。典型的な、短期間で資産が急減することもあり、ハイリスクハイリターンの金融商品と言えるでしょう。 最後は仮想通貨投資です。仮想通貨投資とは、今、超過熱している投資です。よく知られているように、インターネット上に存在する電子的な通貨(ビットコインなど)の価格差で利を得る投資です。値動きが非常に激しいハイリスク・ハイリターンの投資といえるでしょう。 投資にも色々種類がありますが、基本は、ロ-リスク、ロ-リタ-ン&ハイリスク・ハイリターンの原則を理解して、投資家としての成長に合わせて、投資する対象を選ぶことが大切です。